ロゴ
画像

周辺観光案内です。
山梨県側は清里を中心とした大泉・小淵沢。長野側は野辺山。
「八ヶ岳南麓」と呼ばれるエリアのお勧め風景をご紹介しています。

画像

周辺観光案内です。山梨県側は清里を中心とした大泉・小淵沢。長野側は野辺山。「八ヶ岳南麓」と呼ばれるエリアのお勧め風景をご紹介しています。

県営八ヶ岳牧場

画像 画像

この牧場内では5月から11月上旬の期間、県内の酪農家さんの子牛を一定期間預かり放牧させている施設です。牧場内にはトレッキングルートもあり、 清里のイメージにぴったりな牧歌的な風景が広がります。雄大な八ヶ岳を見ながらゆったりと歩くには最適です。


見晴台

画像 画像

県営八ヶ岳牧場からまきば公園方面へ向かうトレッキングルートにある休憩所。八ヶ岳と牧草地の見える高台です。(まきば公園第2駐車場の前にある牛舎 横から登ると徒歩10分で行けます。)紅葉の時期にもここの場所はお勧め。目の前にカラマツの黄色い森が広がる美しい景色です。


サンメドウズ ハイランドパーク

画像

リフトで標高1,900mまで一気に。富士山、秩父山系、八ヶ岳などの山々を一望できます。初夏には高山植物も咲き、歩道を歩きながらの観賞におすすめ。夏のユリも綺麗です。


美し森

画像

駐車場から15分の展望台からは八ヶ岳、南アルプス、富士山、秩父山系の山々や、清里の森の様子が眼下に広がるパノラマ風景です。6月には「ヤマツツジ」 「レンゲツツジ」が咲き「つつじ祭り」も催されます。標高1,543m。


小滝

画像

美し森と県営八ヶ岳牧場とを結ぶトレッキングルートの途中にある小さな滝。八ヶ岳の伏流水が流れ出ていますので綺麗な水です。


天女山

画像

天女伝説から名づけられた山。山頂の駐車場までは車で入れます。標高1,529m。


清里湖(大門ダム)

画像

清里の南側、大門川が注ぎ込むダムがあります。新緑・紅葉と景色の綺麗な場所です。


ヤマナシの木

画像 画像

清里や野辺山にいくつも点在する「ヤマナシ」の木。(清里のパンフレットやポスターに使われている木は県営八ヶ岳牧場にあります。)5月 中旬から下旬に白い花が咲き、野山の景色に映えます。


イチリンソウ・クリンソウ

画像 画像

5月上旬から下旬にかけてイチリンソウ。6月になるとクリンソウが咲きます。まきば公園第2駐車場前の牛舎から牧場内へと入るルートを歩いて約10分。 左手に出てくる小さな湿地の周りを探してみて下さい。


水芭蕉の群生地

画像

美し森ファーム(旧・高根荘)から徒歩10分ほどの湿地帯にに水芭蕉の群生地があります。看板がありますので迷わずに行くことが出来ます。車は美し森 ファームに停められます。4月下旬から5月中旬が見頃。


羽衣池

画像

美し森から県営牧場へ抜けるルート上にある小さな池です。周りには木道が整備され、池の様子や周辺の植物観察が出来るようになっています。


東沢大橋

画像 画像

川俣川渓谷にかかる赤い大きな橋です。ここから見る八ヶ岳の風景はは清里の名所です。四季を通じてよい風景ですが、特に秋の紅葉の季節は駐車場が混雑するほど人気。


天の河原

画像 画像

天女山から15分程歩いた所にある、開けた眺望の場所です。八ヶ岳、南アルプスのパノラマが広がります。5月中旬から6月上旬位の時期、「オキナグサ」が咲いています。


そば畑

画像

北甲斐亭付近のそば畑は9月上旬になると、そばの白い花が道沿いに咲き初秋の風景を見せてくれます。(国道141号線の東側エリアはそば畑が多くあります。


まきば公園

画像 画像

八ヶ岳高原ラインの途中にあり、馬や羊が放牧されたり牧草地で寛ぐことが出来る県営牧場の中にある公園です。駐車場からの眺める牧草地や森の景色も綺麗ですが、 ここから牧場内を歩くコースもあり、景色はそちらの方がおすすめ。


中止(ナカドメ)の滝

画像

まきば公園から県道28号(天女山入口の信号へ続く道)まで続くトレッキングルート途中の滝です。春の雪解けのシーズンには流れがあるのですが、夏は枯渇してなくなってしまいます。


宮司の滝

画像

千が滝付近から入る飯盛山までのトレッキングルート途中、大門川にある小さな滝です。結構険しい細い道なので注意して下さい。


ザゼンソウの湿地

画像

国道141号から旧道に入ると道の脇に湿地帯が現れます。3月になるとザゼンソウが顔を出します。


滝見の丘

画像

萌木の村・ロックの裏から続く散歩道を歩くと、遠くから千ヶ滝を見下ろせる小高い丘に出ます。


シーニックデッキ

画像

八ヶ岳高原大橋から清里へ向かう車線側に駐車場にある景観観察のデッキがあります。ここからは牧草地が広がりタイミングがよけれは鹿が現れるポイントです。


KEEP牧草地

画像 画像

清泉寮やKEEPファームショップは森や牧草地で囲まれている絶好のロケーションです。トレッキングルート整備されていますので四季の草木を感じながらの散歩もおすすめ。


川俣川渓谷

画像

東沢渓谷とも言われ、八ヶ岳の水を運ぶ川俣川渓谷。赤い橋(東沢大橋)から吐竜の滝までのトレッキングルートもあります。清泉寮からも行けるコース もあります。紅葉の景色も綺麗な渓谷です。


千が滝

画像

「千が滝ヴィレッジ」の裏にある大きな滝です。また、萌木の村のレストラン「ロック」の横からこの滝が見える丘まで行くことが出来ます。


大滝

画像

大門川途中の滝です。散策道もあり階段を下りて滝壺まで行くことが出来ますが、急なので注意して下さい。


吐竜の滝

画像

川俣川渓谷にある小さな白糸の滝です。駐車場から散策道を10分程度歩くと行くことが出来る人気スポットです。


清里高原大橋

画像 画像

黄色い橋(清里高原大橋)の駐車場からは裾野からの雄大な八ヶ岳が見えます。秋には森の紅葉と青空の絶景を見ることが出来ます。


観音平

画像

編笠山の中腹、標高1560mにある展望の良い場所です。武田信玄が戦勝祈願をした矢の堂や狼煙台のあったところです。このお堂に観音様が祀られていた事から観音平と言われています。現在はお堂は小淵沢近くへ移築されています。


県営八ヶ岳牧場

画像

小淵沢側にも県営牧場があります。八ヶ岳高原ラインの両側の牧草地には牛が放牧され高原の景色が広がります。


三味線滝

画像

観音平から徒歩で約40分。八ヶ岳の自然が育む清流を見ることが出来ます。細い糸のような何本もある水の流れが「三味線滝」と呼ばれる由縁です。


小海線の大曲(おおまがり)

画像

高原列車「JR小海線」は小淵沢駅を出るとすぐ180度大きく曲がるカーブに差し掛かります。大曲と言われていますが、水田の稲が育つまでのわずかな期間、 水面に列車が写る光景が見ることが出来ます。


平沢峠駐車場

画像

ここからの八ヶ岳の眺めは最高。端から端まで見渡せる名所です。綺麗な駐車場も整備され、トイレ売店もあります。


しし岩

画像

平沢峠駐車場横から岩場の道へと入って行くと、「しし岩」があります。一見どれが正解なのかわかりませんが探してみて下さい。 獅子が横たわっているように見えることからこの呼び名となったと言われています。


野辺山の畑風景

画像 画像

レタスやキャベツなどの高原野菜で有名な野辺山の畑の風景。いたる所で見ることが出来ます。


八ヶ岳牧場付近の風景

画像

野辺山にも八ヶ岳牧場があるのですが、広大な緑が目の前に広がるここの牧草地風景もお勧めです。


コスモスと小海線

画像

清里と野辺山の間にある「JR最高地点」付近では、秋になると線路沿いのコスモスと列車の風景が人気です。


飯盛山

画像

気軽に登れる為に人気です。山頂からは八ヶ岳・秩父連山・富士山などが見えます。平沢峠駐車場から上るのが一番お勧め。他には清里側から登るルートもあります。


飯盛山のニッコウキスゲ

画像

高原列車「JR小海線」は小淵沢駅を出るとすぐ180度大きく曲がるカーブに差し掛かります。大曲と言われていますが、水田の稲が育つまでのわずかな期間、 水面に列車が写る光景が見ることが出来ます。


野辺山のヤマナシ

画像 画像

5月下旬には野辺山のヤマナシが咲きます。畑の道の真中に立つ木は特に有名ですが近年衰えてきています。他にも点在していますので探してみて下さい。


パラボラアンテナの見える風景

画像

国立野辺山天文台にある45mのパラボナアンテナは畑や登山道、林など野辺山のいろいろなところから眺められます。そこの風景だけ見ると、不思議なSF的な雰囲気に感じられます。


畑と紅葉風景

画像

野辺山の畑の周りには小高い山がいくつも見られます。10月中旬以降の時期になると紅葉風景が綺麗です。八ヶ岳の裾野方面もカラマツの紅葉が広がります。