ロゴ
画像

周辺観光案内です。
清里から比較的近くの長野県のお勧め風景をご紹介しています。

画像

周辺観光案内です。
清里から比較的近くの長野県のお勧め風景をご紹介しています。

入笠山

画像

標高1955mの高原植物が豊富な手付かずの自然が残る山です。御所平峠登山口から山頂まで約30~40分。山頂からは八ヶ岳、奥秩父連峰、富士山、南アルプス、 中央アルプス、北アルプスのパノラマが広がります。


大阿原湿原

画像 画像

3億年前に形成されたといわれている標高1800mにある12haの大阿原湿原。広さは約12ha。草原へと移行しつつある老年期の湿原と考えられています。 湿原の外周沿いに作られた1周約2kmの遊歩道を進むと、小さな沢や植物が豊富に観察できます。


入笠湿原

画像

春のザゼンソウ・ミズバショウ、6月中旬には100万株のスズランの大群生など、季節の花々が咲く誇る高山植物の名所。自然豊な景観を楽しむことが出来ます。


富士見高原リソート・ゆりの里

画像

7月上旬頃から8月下旬頃までの期間、30種類以上500万本ものゆりがスキー場のゲレンデに咲く風景は壮観です。写真の雑誌でも取り上げられる有名スポットとなってきています。


川上村

川上村の畑風景

画像

野辺山と同様、ここ川上村も高原野菜の一大産地。春から夏にかけて広大な畑にレタスやキャベツを作る様子を見ることが出来ます。


川上村の紅葉

画像

10月中旬になると、カラマツに囲まれる川上村は黄色い世界になります。車を走らせると青空とカラマツの黄色のコントラストが非常に美しく、ドライブには最適。


信州峠

画像

南アルプスの北端、風化花崗岩砂と奇岩群がある雁ヶ原で有名な標高1659mの山です。山頂には不思議な形の岩が連なり異次元を感じさせてくれます。登山口から山頂まで約90分。


北相木村

三滝山の氷柱

画像

北相木村の三滝山の「大禅の滝」。冬になると約30メートルの巨大な笠松状の氷柱が現れます。1月下旬から2月上旬が氷柱の一番大きい時期。県道124号線から入る道は細いので注意して下さい。 駐車場から滝までの散策道は整備されていて徒歩約10分。


小禅の滝

画像

大禅の滝から歩いて数分のところにある滝です。冬は氷の滝となります。


南相木村

箱瀬の滝

画像 画像

三滝山へ向かう途中の県道124号線の途中にある橋のところから見える滝です。冬になると滝も凍りますが、橋の横にある岩の壁のところから染み出た氷氷柱も見ごたえありです。


御三甕(おみか)の滝

画像

南相木村の高さ約16mの滝。少し判りにくい場所にあるので看板を見落とさないように。駐車場から10分程道を下りますが、細く急なので足元にはご注意を。 甕(かめ)状をした3つの滝壷(うわん淵、なかん淵、したん淵)からなっています。滝の反対側には岩を繰り抜いた遊歩道もあり、そこからの眺めがお勧めです。


立岩

画像

高さは60m、幅は10m、頂上にはスサノオ尊を祭っています。この岩には、三等分したような線が入っており、遠い昔鬼が三回に分けて積み重ねたとも言われています。


立岩の滝

画像

立岩の側に流れる滝。落差は約15m。


立岩湖

画像

南相木の役場から川上村方面へ「シナノユキマス」で有名な湖があります。人造湖なのですが、そんなことはわからないの自然風景です。


白樺林の風景

画像

国道299号線を走ると真っ白な白樺林が多くみられます。八千穂高原は日本一の白樺林と言われ、特に八千穂自然園近くの白樺群は美しい風景です。


レンゲツツジの群生

画像

県道480号線を進み国道299号線(メルヘン街道)へとつながる所にあるドライブイン周辺には6月中旬頃レンゲツツジの群生を見ることが出来ます。


白駒池

画像 画像

八千穂高原の中にある標高2,000m以上の湖としては日本最大の天然湖。駐車場から徒歩約15分程度で白駒池まで行けます。ツガ、トウヒ、シラビソと苔が一面 を覆う原生林が見ることが出来ます。紅葉の時期にツツジと白樺が湖面に映る景色で有名なところです。ゴールデンウィーク近くには凍った湖面も見ることが出来ます。


雨池

画像

麦草峠からトレッキングルートから約90分、静かな湖面の広がる池が現れます。この雨池は北八ヶ岳の七つ池の一つです。


八千穂高原自然園

画像

有料の園内には滝や渓流、湿地など自然を残しながらたくさんの高山植物が保護されています。


高見石

画像 画像

白駒池からトレッキングルートを歩くこと40~50分。白駒池を上から望める断崖まで行けます。天気がいい日は非常に爽快な気分になれる場所です。 (白駒池の辺から2つのルートがあります。)


ニュウ

画像 画像

白駒池から約60分、途中に少し急登の所がありますがそれ程難しい登山ではありません。標高2351mの頂上からは白駒池が見下ろせます。


八千穂高原の苔と原生林

画像

白駒池駐車場から池まで歩道脇に広がる苔と原生林は八ヶ岳の原始の姿を見せてくれています。ここには485種類の苔が生息し、日本蘚苔類学会より「日本の貴重なコケの森」に選定されています。


麦草峠

画像

蓼科へ抜ける国道299号線(メルヘン街道)の峠。標高2,127m。国道で2番目に標高の高い地点。









蓼科

横谷峡谷

画像

蓼科高原の中にある渓谷。王滝、乙女の滝、屏風岩などの見所も多い。紅葉の名所でもある。


坪庭

画像 画像

ピラタスロープウェイで上がった山頂(標高約2,240m) にある坪庭。奇岩の溶岩台地に散策道が整備され、蓼科の山々の風景も美しい場所です。 この周辺には山の斜面が帯状に枯れている「縞枯れ現象」で覆われている縞枯山もあります。


北横岳

画像

坪庭から約100分。比較的簡単なコースの貯め、非常に多くの方がトレッキングをしています。正式名称は「横岳」ですが、八ヶ岳に横岳があるために北に あるこの山は「北横岳」と呼ばれています。標高2472m。


七つ池

画像

坪庭から北横岳へ向かう途中の北横岳ヒュッテ脇からいける池です。実際に見ることが出来るのは2つだけです。


御射鹿池

画像

奥蓼科温泉郷手前位置するため池ですが、日本画の東山魁夷の1972年(昭和47年)の作品「緑響く」のモチーフの池として有名です。


蓼科

車山湿原

画像 画像

車山湿原は、八島ヶ原湿原、踊場湿原とともに国の天然記念物に指定されています。形成され始めたのは約1500年前、標高1770mと傾斜面に広がるため、 他の湿原にはない植物を楽しむことができます。6月頃にはつつじの群生が広がるパノラマ風景が人気です。


車山

画像 画像

霧ヶ峰の最高峰、日本百名山でもあり標高1,925m。高山植物が豊富なエリア。7月にはニッコウキスゲが黄色い絨毯のように開花する名所です。


霧ヶ峰

八島ヶ原湿原

画像

国の天然記念物に指定されている大きな湿原です。1周約90分。ニッコウキスゲも見ることが出来ます。









乙女の滝(古谷峡)

画像

長野と群馬の県境近く、抜井川沿いにある森に囲まれた渓谷です。巨岩をはさみ二つに分かれて落ちる「乙女の滝」があります。


雨川ダム(田口峠付近)

画像

臼田から田口峠へ向かう途中、エメラルドグリーンに輝く水面を見下ろしながらドライブ出来ます。


屏風岩(内山峡)

画像

国号254号線・コスモス街道と滑津川に沿って、奇岩怪石がそびえ立つ景勝地です。たくさんの岩が並んでいますが屏風岩が有名です。


狭岩峡

画像

田口峠を越えた県境近く、岩に囲まれた神秘的な渓谷が現れます。